#14_やっぱりマクロが好き

塚本 聡 2017.2.22

ちょっとしたブツ撮りなんかは社内のフリースペースを簡易スタジオ化し、
α7SIIなどでムービーを撮ることが多い我ら。
 

種類の多さやレンズとしての完成度ゆえ、
Canon EFレンズを使用することが多いのですが、
その中でも、ことブツ撮りに関しては私はこの2本で挑んでいます。
 
 

 
Carl Zeiss Makro-Planar 50mm F2 ZE
  
0222_05
 
Canon EF 100mm Macro F2.8
 
0222_06

 
どちらもマクロレンズと名の付くレンズではあるのですが、
もちろんマクロだけではなく、50mmは標準レンズとして風景や、
100mmは中望遠レンズとしてポートレートにも使えます。
 
 
私はこの2本をもっぱらブツ撮り専用として使っています。

まず、ずっしり重く、素晴らしい質感のCarl Zeiss Makro-Planar。
0222_04 
このMakro-Planarはハーフマクロと言って1/2の撮影倍率で、
マクロとしてももちろん優秀なのですが、どちらかと言うと
きっちりシャープで歪まない!これに尽きます。
 
 
つい先日もとあるブツ撮りの撮影でこちらを使用した際、
モニターをご覧になっていたクライアントが
「商品が歪んでない!レンズがいいんだな~」と喜ばれていました。
その商品は直線的なデザインなので、歪まないことが大事だったのです。
 
 
広角レンズで撮ると遠近感が強調されるがゆえ、どうしても直線が曲がってくるので
商品撮りなどできるだけ正確に見せるものは標準レンズ以上で撮るのがいいのですね。
そんな時にマクロとしても使えるMakro-Planarはおすすめです。
 
 
*こちらは残念ながら生産終了になってしまいました。
現在はMilvusという名前で生まれ変わっています。
 
 

もう一本は、EFレンズでは大三元レンズに次ぐ有名な100mm Macro
 
0222_07
0222_08
 
 
もはやあれこれと言うまでもないのですがマクロと言えばこの一本。
とろけるようなボケが美しい、芸術的な画を映してくれます。
決して万能という訳ではないですがここぞという時に
大活躍すること間違いないので持っていて損はないでしょう。
 
 
 
0222_10
LEDライトを横から。何を撮っても絵になってしまう。
 
 
 
 
シャープで正確なMakro-Planar 50mmで全体像を、
その中の強調するポイントを100mm Macroで美しく。
そんな感じで今後もこの2本で勝負していきたいと思います。
 
 
この2本で撮った動画、近日完成予定!