blog on biogon
biogon pictures のスタッフ日誌

雑記

以前から気になっていたことを調べてまとめてみた図。

(※クリックすると画像を大きく表示できます)
130828_tsuka01.png2013.8月現在 間違いがありましたらご指摘願います


世の中にはいろんなカメラがあって、これだけいろんな種類があるんですよね、画面解像度。

一口に4Kと言っても4種類くらいありますね。
メインはDCI 4Kと4K HD(UHD)と呼ばれるものらしいですが、
まだ4Kで完パケしたことはないので、どれがメインかは分かりません。
ただ、この図を見る限り、HDはもう長くは無いなって思いません?

そもそも、みんな4K映像を見たいと思ってるんですかね?
(私は8Kを見てみたいです)


何をもって4Kが良いとするかは論点が分かれるところだと思いますが
少なくとも高解像度化によってリアリティは増していくはず。
3Dの二の舞いにはならないと信じてます。

やれPCやTVのスペックがー とか やれネット速度が― とか
インフラの事を言われますが、そんなのすぐ追いつくと私は思います。
(スマホでさえフルHDですぜ)
増え続けるデータ量もそのうち解決されるでしょう、
と他人事のように未来に思いを馳せ、この時代に生きていることを楽しみたいと思います。


閑話休題。
調べていた時に見つけたカメラ、これこれ!
やっぱり作ってたんですねー

フランスはAATON社のDelta Penelope。
(現在は3.5Kまで撮れて、6K撮れるようになるとか?)

木製グリップとかメカっぽい感じとかしびれますね。
そしてなんと!光学ファインダーなのです。
130828_tsuka02.jpg
画も雰囲気ありますね
https://vimeo.com/67811891


おまけ。
光学ファインダーのデジタル・シネマカメラ、もう一つありました。
ARRI ALEXA XT Studio。
こちらもフィルムカメラライクでかっこいい。
130828_tsuka03.jpg

今度はカメラのイメージセンサーでも調べてみましょう。

ではまた。
塚本

blog top

PAGE TOP